光に反応しない白髪の処理

現在、脱毛処理の施術で主流の光を使ったレーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、毛根のメラニン色素に光を当てて処理をする仕組みです。

白髪とは髪の毛の色であるメラニンを作る「メラノサイト」が不足している状態です。なので、光脱毛はメラニンを作るメラノサイトが不足している毛、つまり白髪には反応しません。

白髪をサロンの施術で脱毛する方法としては、毛穴に針を刺し、電流を流して1本1本毛根を破壊して処理するニードル脱毛(電気脱毛)が あります。しかしこの施術は痛みを伴うので、痛みに弱い方やデリケートな部位には向いていません。


光脱毛で処理できない毛とは

多くのサロンで採用されている光脱毛は、毛根に光を照射して、発毛組織にダメージを与えて制毛を促す方法です。

肌に優しく、痛みもほとんどないというメリットがありますが、全身のすべての毛を処理できるという訳ではありません。

光は、黒い色に反応する性質を持っているので、白髪の脱毛には不向きとされています。

逆に、メラニン色素を多く含む日焼けした肌には反応してしまうので、皮膚が炎症を起こしてしまうリスクがあります。白髪を処理したい場合は、毛穴に針を刺して電気を流して、発毛組織を凝固させるニードル方法が良いでしょう。


白髪は脱毛出来ません

ムダ毛の脱毛をしたいと思っている方はたくさんいらっしゃいますが、白髪でも脱毛出来るのかと疑問に思っている人もたくさんいらっしゃると思います。

しかし白髪は美容サロンで脱毛することは出来ません。

それは美容サロンで扱っている光脱毛の作用によるもので、光脱毛は色の濃いメラニン色素に強く反応するようになっています。

そのため白髪には反応しないので、脱毛をすることが出来ないのです。

逆を言うと、毛量の多く、黒く太い毛の方のほうが脱毛効果を高く感じやすいので、ムダ毛の薄い人よりもとてもきれいに脱毛することが出来るのです。